真空冷却機事業

TOP > 真空冷却機事業 > 製品概要

タカギ冷機の真空冷却機の特徴

特徴(1)エゼクタ方式

写真"真空"を作る手段として、タカギ冷機の真空冷却機は"エゼクタ方式"を採用しています。エゼクタは、加圧した水や蒸気をノズル噴射させ、周囲の空気を吸い込ませる(真空にする)装置です。水を使った場合、空気の真空度は水温にも影響されます。

特徴(2)カスタマイズ性

写真タカギ冷機の真空冷却機の最大の特徴は、カスタマイズ性です。完全自社生産でお客様のご要望に合わせた設計が可能。寸法や配管の取り出し位置の変更から、缶内寸法や扉開閉向き等まで、様々な変更が可能です。

特徴(3)特許取得(氷蓄熱方式)

写真タカギ冷機の真空冷却機のラインナップのひとつ「氷蓄熱方式」は、特許を取得しています(第3497772号)。電気代の安い夜間電力を利用して氷を作り、その冷気を利用して日中の電力消費を抑える方式で、学校給食や病院・養護施設等で広くご利用いただいております。デモ機貸出も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

特徴(4)使用水量の削減・衛生管理

写真循環方式のため、水封式ポンプ型と比べて水の使用量が大幅に削減されるので、上下水道料金を節約できます。また、水槽も容易に洗浄可能で衛生的にも安心な構造です。

特徴(5)ドライ真空ポンプ方式

写真タカギ冷機の真空冷却機には、エゼクタ方式の他に"ドライ真空ポンプ方式"を採用した装置もあります。
ドライ真空ポンプ方式は、真空ポンプで槽内の空気を吸い込ませる(真空にする)装置で、一日に多数回・大量の冷却を行う場合に、特に力を発揮する方式です。また、ドライ真空ポンプなので、直接水を供給する必要がありません。水の使用量が大幅に削減され、上下水道料金を節約できます。

事例紹介(準備中)
真空冷却機製品ラインナップ

▲ページのトップに戻る