事例紹介 Case Introduction

TOP > 事例紹介 > チラー(冷水機)事業 > 一過式:低温チラー Under3(アンダースリー)  

一過式:低温チラー Under3(アンダースリー)  

株式会社 三協デリカ 熊本工場 丸田部長

調理麺の更なる鮮度管理を目指し、チラーをプラスワン

一過式:低温チラー Under3(アンダースリー)  
一過式:低温チラー Under3(アンダースリー)  

お客様の声

株式会社 三協デリカ 熊本工場 丸田部長

弊社は、1990年4月設立した調理麺専門の食品製造会社であります。私どもは 「お客様にご満足頂くことが何よりの喜び」との思いで創業より一日も休むことなく、大手コンビニエンスストア様の商品を製造してまいりました。
 これまで麺の練り水を既存のチラーを使って冷却していましたが、送水距離が長いことや近年の異常気象も重なり、水温が上昇し、水温が安定しないことが課題でした。
 今回、水温の安定と更なる鮮度管理を目指し、タカギ冷機の低温チラーで、約40L/分の水を3℃以下(0~3℃)まで冷却し、水温を徹底管理しております。
 導入し水温が安定した結果、加工後の麺の菌数が安定したことに加え、麺の食感などの品質も更に向上することができました。今後も大手コンビニエンスストア様の店頭を通じまして、お客様の食生活にお役にたつような商品をお届け出来る様、日々努力し続けてまいりたいと存じます。

提案者の声

株式会社アスカエンジニアリング 社長 森田様 

水を限りなく冷たくして欲しいというご要望をお持ちでしたので、3℃以下の冷水を連続供給できる低温チラーUnder3(アンダースリー)をご提案させていただきました。  また既にチラーをお持ちでしたので、既存チラーを活かしつつ、不足能力分だけを追加でプラスワンできる提案させていただきました。 導入した結果、お客様の製品の品質向上にお役に立てられたと伺い、嬉しい限りです。 ■社名:株式会社アスカエンジニアリング  ■住所:福岡県福岡市博多区西春町2-2-10 ■事業内容:空調、冷凍、冷蔵設備工事 ■ホームページ:http://www.ask-eng.jp

基本DATA
所 在 地 : 熊本県熊本市北区和泉町三ツ塚168-14 フードパル熊本内 導入時期 : 2020年6月
事業内容 : 調理麺の製造販売      納入機器 : 一過式 低温チラーユニット 
Under3(アンダースリー) U3S-37 ×1台
URL    : http://www.sankyoo-d.co.jp
冷水機特徴
冷水機製ラインアップ

▲ページのトップに戻る